CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
塊魂
塊魂 (JUGEMレビュー »)

何でも転がして巻き込んじゃうゲーム。王様のふざけた理由で尻拭いさせられる王子がちょっといじらしい。
ずっと楽しませてくれる逸品★
RECOMMEND
NHKにようこそ! (1) (角川コミックス・エース)
NHKにようこそ! (1) (角川コミックス・エース) (JUGEMレビュー »)
滝本 竜彦,大岩 ケンヂ
滝本竜彦渾身の作品w
作者の実体験と言っても過言ではないだろうの内容です。
是非、ひきこもる際にはお読みください(*´▽`*)
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
最近は。
もっぱら、コチラで更新中。

絶対コチラより更新度は高いです。

毎日1回は更新してるので見にきてくれると嬉しい。

そしてコメントよろしく(笑

名前は、百色眼鏡の読書帖です。

書評系、読書日記と化しています。
| にちじょー | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
読書日記
最近めっきり書かない日々が続いておりました。
まぁ、誰も見てないだろうからイイのだが。さて。
読書感想なぞを。

最近興味ある1冊を読む。
「飛行症候群」てやつ。そんなに長いものでもないのですんなりと読めたのだが。
作者が書いた当初は高校生らしいので、なるほど。
高校生らしい。いつから大人になったのかは解らない自分だが、もうこんな発想と感性ではモノを捉えれないのにちょっと痛い気持ちになる。
昔は大人にはわかりはしないとたかを括っていた事も自分が大人になると薄れ、
なぜそこまで自分が拘っていたのかも霧散してしまう。

さて、物語は。
ハルと名乗る少年が、様々な人と接触してはこう問い掛ける。
「ソラ、トビタクナイ?」
その言葉に惹かれ惑わされるようにそれを聞いた人は勢い良く空にダイブするのだが、勿論結果は死、しかない。
人は飛べぬ。でも飛びたいと思うのは古から変わらぬ思いだが。
そのハルの言葉を聞いて、双子――空と創の母親は空に飛んだ。
双子特有の絆が文中では良く出てくる。あたかも練習したようにピッタリとハモッたり。考えや行動が直感的に同調すること。
兄弟でもありえないことを、普通に自然にやってのけるふしぎな存在。
そんなふたりのささやかではあるが何事もない平穏をそのハルの登場で脆くも崩れ去る。最後は、再び双子の絆を示して一応物語の幕はいったん閉じるのだが。
ハルも、快楽的に人を殺しているわけではない。
間接的にしろ、人の投身自殺を煽ってるのはまぎれもなくハルなのだが。
ハルもまた苦しんで苦しんで、その結果でた答え。
それが最良とはいえない答えだが、出さなければハル自身が消滅してもおかしくない状況だった。
普通にニュースに毎度のこと流れる殺人事件。
ある意味、そんな日常茶飯事なことになれてしまった我々は上の空であるが、
自分もまた、やっぱり関係ないこと。ありきたり。毎度の事として流している。
なんだかその現実が、怖く感じた一瞬だった。
当たり前、当たり前。その感覚がとても怖い。
自分に投身自殺願望はないが昔は、自殺願望は多々あった。
だが、どんな手法を用いても害はあって一利もないことに凹んだ。
だから今は、あまり死にたいとは思わないのだが。いや、死にたいとも思わないのだが。色々と昔を思い出してしまう1冊。
| 読書 | 09:57 | comments(1) | trackbacks(0) |
最近読んだ本。
明けましたねおめでとう。酉です。コケコッコーです(謎

最近なんだかんだというて、本読んでます。

◆石田衣良の娼年 
これは2回目かなぁー。この作家さんの書き方は好きなんですかねぇ。読みやすくてすんなりイメージしやすいです。
◆シャロン・シンの魔法使いリリス
これは前から読みたい候補だったんだけど図書館にもなくて引き伸ばしになっていたもの。で購入しました。純粋なファンタジーですね。
◆藍川京の夜の指 
文脈のテイストが好きだったからのと。ジャケ買いかねぇ。
◆山田真哉の女子大生の家計簿
解り易く会計士って何?ってのが解る。興味があったから購入。
◆山下卓のBLOODLINK
かなり切ないし、泣ける話。続編が読みたいが手元にない(泣
◆上遠野浩平の機械仕掛けの蛇奇使い
これも前から読みたかった逸品。まぁまぁ楽しめた感じ。
◆時雨沢恵一のキノの旅
最新刊を購入。続編がかなり気になるです

とまぁ、色々とあります。まだ読みたいですねぇ。
| 読書 | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/142PAGES | >>